読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

220

生物学の講義を受ける夢を見た。薄暗い講義室のスクリーンに、細かい蛾の画像が50匹くらい映し出されている。そして、それらの蛾を囲んでいる枠の左に、同じ大きさの空白の枠がある。教授はおもむろに、僕の左斜め前に座ってる人をあてると、彼に、このなかで夜に活動するものは?と問うた。すると、左斜め前の人は席から立ち上がって、その場から動かずに。きっちり配置された蛾を次々と指さしていった。指さされた蛾は、横にこさえてある空白の枠に移る。やがて彼が夜の蛾を移し終えると、教授は特に感心したふうもなく機械的に、では、昼に活動するものは?と問うた。そして左斜め前の人は先と同じようにまた、蛾を淀みなく空白へひょいひょいと移していった。そのあたりで、その夢の記憶は途絶えている。
もうひとつ、自宅でぼうとウルトラマン80を見ている夢を見た。画面ではウルトラマンがサータンと交戦していたんだけど、よくよく考えてみると、サータンは帰ってきたウルトラマンの怪獣だ。でも絶妙に80にも出ても違和感がないような造形をしている。

なんかかなり疲弊していて、いまにも寝てしまいそうだ、でも今日のうちにやりたいこともあるから、まだ寝ない。そういえば昨日発注したジッパープルが届いてた。よきかな。